【美少女フィギュア 】「PRISMA WING デート・ア・バレット 時崎狂三 1/7 フィギュア」についてのレビューや価格の内容情報まとめ。プライム1スタジオより「デート・ア・バレット」から「時崎狂三」がフィギュアとなりました。発売時期は2023年5月予定で、各通販サイトなどで予約も開始されています。(通常版とDX版があり、DX版にはザフキエルアクリルベースが付属)

新作美少女フィギュア「PRISMA WING デート・ア・バレット 時崎狂三 1/7 フィギュア[プライム1スタジオ]」(DX版含む)のレビューや値段の内容情報まとめです。

【プライム1スタジオ】より、「デート・ア・バレット」より『時崎狂三』の新作美少女フィギュアが2023年5月に発売されます。また、各通販サイト(アニメイトやあみあみ等)で予約も開始されています。

今回の美少女系フィギュアは、「デート・ア・ライブ」のスピンオフ「デート・ア・バレット」より『時崎狂三』がPRISMA WINGシリーズで立体化されたものとなっています。

~~~~~

謎に満ちた思想と行動、垣間見える大きな目的。
大人気スピンオフアニメ『デート・ア・バレット』より、「時崎狂三」がPRISMA WINGに顕現!
作中屈指の人気を誇る最悪の精霊、その魅力を余すところなく立体化しました。
神威霊装・三番(エロヒム)は、赤と黒のカラーリングから風をはらんだスカートまで細部まで流麗な仕上がり。
もちろん不敵な笑みを浮かべる表情には、時を刻む左目も劇中さながらに再現されています。
優雅にして凶悪、ナイトメアの呼び名にふさわしい姿で登場した時崎狂三。さあ、あなたの戦争≪デート≫を始めましょう!

~~~~~

ということで『時崎狂三』ちゃんですね。今回は通常版とDX版で販売されていて、DX版には、時空を操る天使・刻々帝(ザフキエル)のアクリルベースがセットになっています。

それでは「PRISMA WING デート・ア・バレット 時崎狂三 1/7 フィギュア[プライム1スタジオ]」について見ていきます。

目次

美少女フィギュア「PRISMA WING デート・ア・バレット 時崎狂三 1/7 フィギュア[プライム1スタジオ]」のレビュー情報まとめ

美少女フィギュア「PRISMA WING デート・ア・バレット 時崎狂三 1/7 フィギュア[プライム1スタジオ]」画像1



美少女フィギュア「PRISMA WING デート・ア・バレット 時崎狂三 1/7 フィギュア[プライム1スタジオ]」画像2



美少女フィギュア「PRISMA WING デート・ア・バレット 時崎狂三 1/7 フィギュア[プライム1スタジオ]」画像3



美少女フィギュア「PRISMA WING デート・ア・バレット 時崎狂三 1/7 フィギュア[プライム1スタジオ]」画像4



美少女フィギュア「PRISMA WING デート・ア・バレット 時崎狂三 1/7 フィギュア[プライム1スタジオ]」画像5



美少女フィギュア「PRISMA WING デート・ア・バレット 時崎狂三 1/7 フィギュア[プライム1スタジオ]」DX版画像1



美少女フィギュア「PRISMA WING デート・ア・バレット 時崎狂三 1/7 フィギュア[プライム1スタジオ]」DX版画像2



美少女フィギュア「PRISMA WING デート・ア・バレット 時崎狂三 1/7 フィギュア[プライム1スタジオ]」DX版画像3



美少女フィギュア「PRISMA WING デート・ア・バレット 時崎狂三 1/7 フィギュア[プライム1スタジオ]」DX版画像4




『製品名』
・PRISMA WING デート・ア・バレット 時崎狂三 1/7 フィギュア

★塗装済み完成品フィギュア
『スケール』
・1/7
『サイズ』
・全高:約270mm
・DX版 全高:約370mm
『素材』
・PVC、ABS等
『セット内容一覧』
・フィギュア本体
・専用ベース(DXではザフキエルアクリルベース)

『発売日』
・2023年5月予定
『ブランド』
・プライム1スタジオ
『原作』
・デート・ア・バレット
・デート・ア・ライブ
『キャラ』
・時崎狂三

「参考価格」
通常版
・32,890円(税込み)
DX版
・54,890円(税込み)

購入先リンク


【Amazon】取扱店リンク

取扱ページリンク
通常版
DX版
【アニメイト】取扱店リンク


取扱ページリンク
通常版
DX版

【あみあみ】取扱店リンク


取扱ページリンク
通常版
DX版

【ゲーマーズ】取扱店リンク


取扱ページリンク
【ホビーストック】取扱店リンク



取扱ページリンク
通常版
DX版

まとめ

デート・ア・バレットより『時崎狂三』ちゃんの美少女フィギュアについてでした。

やっぱりこの衣装が一番しっくりきます。


引用
© 2020 東出祐一郎・橘公司・NOCO/KADOKAWA/「デート・ア・バレット」製作委員会